男性の不倫は必ずバレてしまうもの

以前就業をしていた職場で、社内不倫をしている人がいました。
課長が不倫相手を採用したのです。
しかも隠すことはせずに、堂々と2人だけの間の呼び方で呼んだりもしていました。
2人でどこかに行ってしまうこともしばしばありましたし、会議室に2人でこもってしまうことも頻繁にありました。

金曜日は2人で同じ時間に帰り、噂ではそのままどこかで一緒に過ごしているんじゃないかと言われていました。
不倫相手は特別扱いをするので、迷惑に感じていました。
不倫相手のミスを他の女性のせいにすることもあったので、不信感しかありませんでした。

課長の家族は知らないのかもしれない、と思った社内の女性たちが課長の奥さんに密告をすることにしました。
実際に奥さんのことを知っている女性がいたので、外に呼び出してもらったところ、すでに不倫のことは知っていたそうです。
知っていて、ずっと黙っているのだそうです。

しかし、社内では迷惑に感じている女性が多いということもあり、奥さんと社内の女性が協力をして、証拠を押さえることになりました。
家庭は上手くいっていると思っていた課長は突然不倫の証拠とともに離婚届けを突き付けられ、言い訳をしたそうですが、結局家庭も不倫相手も失うことになりました。

バレていないと思っていても、不倫はバレてしまうものだと思います。
興信所の費用についてはこちら